【会いたくないし離婚したい】配偶者と顔を合わせずに離婚する方法3つ

【会いたくないし離婚したい】配偶者と顔を合わせずに離婚する方法3つ Uncategorized
– 離婚したいけど、配偶者と顔を合わせたくない
– 配偶者と直接会わずに離婚手続きを進めたい
– 離婚後も配偶者に会いたくない

こんな悩みを解決できる記事になっています!

なぜなら、配偶者と顔を合わせずに離婚するための具体的な方法から、離婚後に配偶者に会わないための工夫まで、実践的なノウハウを網羅しているからです。

この記事を読み終えることで、配偶者と直接会うことなく、スムーズに離婚手続きを進められるようになるでしょう!

記事の前半では『配偶者に会わずに離婚する方法3つ』について解説し、

記事の後半では『離婚後に配偶者に会わないための工夫4つ』について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは本編です!

配偶者に会わずに離婚する方法3つ

【会いたくないし離婚したい】配偶者と顔を合わせずに離婚する方法3つ

配偶者に会わずに離婚する方法には、大きく分けて3つあります。

離婚の際に配偶者と顔を合わせたくない場合でも、適切な方法を選べば解決できるでしょう。

配偶者に会わずに離婚する3つの方法は以下の通りです。

– 調停離婚を申し立てる
– 公正証書による離婚をする
– 弁護士に依頼して交渉してもらう

それぞれ解説していきます。

調停離婚を申し立てる

調停離婚とは、裁判所に申し立てて調停委員を介して離婚の話し合いを行う方法です。

直接配偶者と顔を合わせることなく、調停委員を通じて離婚条件を決められるのが大きなメリットでしょう。

調停離婚では以下のような流れで進められます。

– 裁判所に調停を申し立てる
– 調停期日に出頭し、調停委員と話し合う
– 合意に達したら調停調書を作成し、離婚が成立する

ただし、何度か調停に出席する必要があるため、完全に配偶者と顔を合わせずに離婚できるわけではありません。

調停では平行線をたどる場合も多いので、話し合いで決着しない可能性もあります。

粘り強く交渉を重ねることが肝心ですが、それでも決裂したら別の方法を検討しましょう。

公正証書による離婚をする

公正証書による離婚とは、公証役場で公正証書を作成することで成立する協議離婚の一種です。

配偶者との合意さえ取れれば、二人で直接会うことなく公正証書を作成できるのが特徴と言えます。

公正証書による離婚の手順は以下の通りです。

– 公証役場に相談し、必要書類を揃える
– 配偶者と離婚条件を話し合い、合意する
– 公証人の面前で公正証書に署名捺印する

ただし、条件面で합意形成するために、配偶者とある程度直接やりとりする必要があります。

合意さえできれば、最後は別々に公証役場で手続きを行うことも可能です。

離婚の意思が固く、配偶者とある程度交渉できる場合に適したやり方だと覚えておきましょう。

弁護士に依頼して交渉してもらう

弁護士に依頼して、配偶者との離婚交渉を代行してもらう方法もあります。

弁護士があなたの代わりに離婚条件を交渉し、合意書を作成してくれるので安心できるでしょう。

弁護士に依頼するメリットは以下の通りです。

– 配偶者と直接会わずに済む
– 法的な知識を持つ専門家に任せられる
– 客観的な立場から公平な条件を提示してもらえる

一方で、弁護士費用がかかるというデメリットもあります。

難しいケースほど解決に時間を要するため、弁護士費用も高額になる傾向にあります。

とはいえ、配偶者と顔を合わせずにスムーズに離婚したいなら、弁護士に相談するのが賢明だと言えます。

 

配偶者と顔を合わせずに離婚するための準備3つ

【会いたくないし離婚したい】配偶者と顔を合わせずに離婚する方法3つ

配偶者と顔を合わせずに離婚するためには、事前の準備が欠かせません。

離婚を成立させるために必要な書類や情報を整理して、スムーズに手続きを進められるよう備えましょう。

配偶者と顔を合わせずに離婚するための3つの準備は以下の通りです。

– 財産分与の資料を揃える
– 子供の親権について考える
– 離婚後の生活資金を確保する

それぞれ詳しく解説していきます。

財産分与の資料を揃える

離婚する際は、夫婦で築いた財産を分割する財産分与の手続きが必要です。

財産分与の交渉を有利に進めるためにも、あなたとパートナーの財産状況を正確に把握しておきましょう。

財産分与で必要になる主な資料は以下の通りです。

– 預貯金や株式等の金融資産に関する書類
– 不動産の登記簿謄本や固定資産評価証明書
– 家財道具やマイカー等の資産目録
– 収入を証明する源泉徴収票や確定申告書

ただし、あまりにも財産分与に固執すると、離婚交渉が難航する可能性もあります。

資料を揃えつつ、適度な妥協点を探ることも大切だと言えます。

譲歩できる部分は譲るなど、バランス感覚を持って交渉に臨むのが肝心でしょう。

子供の親権について考える

離婚する夫婦に未成年の子供がいる場合は、親権者をどちらにするか決める必要があります。

親権とは、子供の監護や教育、財産管理などを行う権利と義務のことを指します。

子供の親権に関して検討すべき点は以下の通りです。

– 子供の年齢や学校生活
– 親権を取る側の経済力や養育環境
– もう一方の親との面会交流の方針
– 子供の意思を尊重できるか

できる限り子供の利益を最優先に、冷静に親権者を選ぶことが大切だと言えます。

もし子供の監護で合意できない場合は、家庭裁判所に調停や審判を申し立てる必要もあります。

争いが長引くと子供に悪影響が出るため、話し合いで解決するのが望ましいでしょう。

離婚後の生活資金を確保する

離婚すると、これまで二人で負担していた生活費を一人で賄わなければなりません。

特に専業主婦だった人は、収入源を失うことになるので厳しい状況に置かれるでしょう。

離婚後の生活資金を確保するためのポイントは以下の通りです。

– 慰謝料や養育費の取り決め
– 離婚後の働き口や収入源の確保
– 実家など頼れる身内の有無
– 貯蓄や退職金などの蓄え

ただし、正当な権利として認められるはずの慰謝料や養育費の支払いを、相手が拒否することも考えられます。

弁護士を通して法的に請求する、公正証書で取り決めるなど、確実に受け取れる工夫が必要です。

経済面の不安は大きいかもしれませんが、前向きに新生活を送れるよう、万全の準備を整えておきましょう。

 

離婚後に配偶者に会わないための工夫4つ

【会いたくないし離婚したい】配偶者と顔を合わせずに離婚する方法3つ

離婚後も配偶者に会わないようにするには、いくつかの工夫が必要不可欠です。

離婚が成立したからといって油断せず、しっかりと対策を講じることが大切でしょう。

離婚後に配偶者に会わないための4つの工夫は以下の通りです。

– 連絡手段を制限する
– 子供の受け渡しは第三者に依頼する
– 住所を教えない
– SNSのブロックやセキュリティ設定を強化する

それぞれ解説していきます。

連絡手段を制限する

離婚後も配偶者から執拗に連絡がくるケースは少なくありません。

メールや電話、SNSなど、配偶者と連絡を取り合う手段を制限することが先決だと言えます。

連絡手段を制限するための具体策は以下の通りです。

– メールアドレスを変更し、相手に知られないようにする
– 電話番号を変更または非通知にする
– SNSのアカウントを削除または非公開にする
– 知人や親族にも連絡先を教えないよう依頼する

ただし、子供がいる場合は完全に連絡を断つことができないこともあります。

その場合はメールのみに限定するなど、最低限の連絡手段だけ残しておくのがベストです。

配偶者からの執着を断ち切るためにも、できる限り連絡ルートを絶つ努力が必要不可欠だと言えます。

子供の受け渡しは第三者に依頼する

子供との面会交流を認めている場合、子供の受け渡しで配偶者と顔を合わせざるを得ないことがあります。

直接対面することで、配偶者との間にもめ事が生じるリスクも高まってしまいます。

子供の受け渡しを第三者に依頼することで、配偶者と会わずに済むようになるでしょう。

第三者に依頼する際の選択肢は以下の通りです。

– 実家の親や兄弟、親戚
– 友人や知人
– 民間の面会交流支援サービス
– 弁護士事務所などの公的機関

ただし、あまりにも身内に頼りすぎると、無理を言って人間関係に亀裂が入る恐れもあります。

民間サービスや公的機関を上手に活用し、第三者への負担を減らすことも大切だと言えます。

子供のためにも、配偶者との直接の対面は避けるべきだと心得ておきましょう。

住所を教えない

離婚後に引っ越しをする場合は、新しい住所を配偶者に教えないことが鉄則です。

配偶者に住所を知られてしまうと、突然訪ねてくるなどのトラブルに巻き込まれる危険性があります。

住所を教えないためのポイントは以下の通りです。

– 離婚届や必要書類に記載する住所は実家など別の場所にする
– 住民票の閲覧制限を設定し、第三者が住所を知れないようにする
– 引っ越し業者や不動産屋との契約書に、情報漏洩禁止を明記する
– 郵便物の転送サービスを利用し、新居の住所を直接書かない

ただし、子供の学校への緊急連絡先など、最低限必要な情報は伝えなければならないこともあります。

その場合は、弁護士を交えて住所以外の連絡手段を決めるなど、慎重に交渉することが大切です。

新しい住まいで平穏な生活を送れるよう、住所の秘匿には細心の注意を払いましょう。

SNSのブロックやセキュリティ設定を強化する

SNSの普及により、離婚した配偶者から SNS 経由で嫌がらせを受けるケースが増えています。

フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのアカウントから、あなたの情報を閲覧されないよう対策が必要です。

SNSのセキュリティを強化するための方法は以下の通りです。

– 配偶者のアカウントをブロックする
– 自分のアカウントを非公開に設定する
– 投稿する写真や文章に位置情報や個人情報を載せない
– 友人申請は慎重に選別し、むやみに承認しない

ただし、完全に非公開にしてしまうと、仕事などで支障が出る可能性もあります。

アカウントを複数作成し、公私を使い分けるのも一案だと言えます。

SNS上のトラブルは泥沼化しやすいので、早め早めの防衛策を打つことが賢明だと覚えておきましょう。

 

まとめ

【会いたくないし離婚したい】配偶者と顔を合わせずに離婚する方法3つ

今回は、配偶者に会わずに離婚する方法から、離婚後に配偶者に会わないための工夫まで解説してきました。

配偶者に会わずに離婚する方法は以下の3つでした。

– 調停離婚を申し立てる
– 公正証書による離婚をする
– 弁護士に依頼して交渉してもらう

配偶者と顔を合わせずに離婚するためには、以下の3つの準備が必要不可欠です。

– 財産分与の資料を揃える
– 子供の親権について考える
– 離婚後の生活資金を確保する

離婚後に配偶者に会わないための工夫は以下の4つでしょう。

– 連絡手段を制限する
– 子供の受け渡しは第三者に依頼する
– 住所を教えない
– SNSのブロックやセキュリティ設定を強化する

以上のポイントを押さえることで、配偶者と顔を合わせずにスムーズに離婚手続きを進められるはずです。

離婚という人生の岐路に立たされ、不安な気持ちでいっぱいかもしれません。

でも、あなたの幸せな未来のためにも、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

もし離婚に向けて一人で抱え込んでしまっているなら、専門家に相談することをおすすめします。

弁護士や司法書士、カウンセラーなどの専門家は、あなたの味方になってくれるでしょう。

離婚は人生の終わりではありません。

新しい人生の始まりだと、希望を持って乗り越えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました